ライディングデュエル大好きブログ

ライディングデュエルが大大大好きな人のブログでーす^o^

【アズールレーン】自動攻略機能について

・自動攻略機能を追加

メイン海域やイベント海域が「周回モード」に設定すると解放される「自動攻略機能」が追加されます。

「自動攻略機能」は海域選択画面や海域マップでONにすることができ、「自動攻略機能」がONに設定されると、

出撃艦隊が下記のルールで敵艦隊に向けて移動し、自律行動モード(オートモード)で戦闘を行います。

 ※自動攻略機能作動中における艦隊の挙動について

 ①敵中枢艦隊が出現していない場合、艦隊は人型セイレーン艦隊もしくは自身に一番近い敵艦隊に向けて移動し、戦闘を挑みます

 ②敵中枢艦隊が出現している場合、艦隊は敵中枢艦隊に向けて移動し、戦闘を挑みます

 ③出撃艦隊は出撃編成画面の「自動設定」でそれぞれの戦闘対象を「敵護衛艦隊のみ(道中戦闘)」「敵中枢艦隊のみ」「全ての敵」「戦闘しない(待機)」に設定することが可能です。

それそれの艦隊は設定された戦闘対象との戦闘を優先します。

  「敵中枢艦隊」とのみ戦闘する艦隊を設定している場合、敵中枢艦隊が出現した際、移動艦隊が自動で該当艦隊に切り替えられます。

  デフォルト設定は第一艦隊が「道中戦闘」、第二艦隊が「中枢戦闘」になります。

 ④自動攻略機能が下記の状況が発生すると解除されます。

  ・艦船のコンディション低下している場合

  ・資金が備蓄上限を上回った場合

  ・燃料が戦闘するのに不足している場合

  ・ドックが満杯になった場合

  ・戦闘で敗北した場合(もしくは艦隊を維持できない場合)

  ・新しい艦船を図鑑に登録した場合


敵中枢艦隊を撃破すると、今回の出撃で得られた報酬一覧と、出撃にて解放された特殊委託・任務が一括で表示されます。

自動攻略機能はマップ画面右下の「自動攻略」をタップすることでOFF(手動)に切り替えることが可能です。

異常が公式サイトの説明です。以下は調査結果となってます。

  • 道中戦闘について

護衛艦隊を自動的に倒していきます(うごみゆを最優先で倒すようになってます。)、海域に発生した?マスや弾薬は基本的に回収しないものと考えてください。敵中枢艦隊が出現するまでは敵に接近→撃破を繰り返します。(残弾0になっても止まりません。)

  • 中枢戦闘について

敵中枢艦隊が出現した場合自動的にこちらが移動艦隊になり敵中枢艦隊と交戦を行います。海域に発生した?マスや弾薬は基本的に回収しないものと考えてください。

  • 全戦闘について

護衛艦隊及び敵中枢艦隊を自動的に倒していきます(優先度は敵中枢艦隊>うごみゆ>うごみゆ以外の敵護衛艦隊)、海域に発生した?マスや弾薬は基本的に回収しないものと考えてください。残弾0になっても交戦を続けます。

  • 待機について

待機します。

自動戦闘の組み合わせ

第一艦隊:道中戦闘 第二艦隊:中枢戦闘

第一艦隊:中枢戦闘 第二艦隊:道中戦闘

第一艦隊:全戦闘  第二艦隊:待機

第一艦隊:待機   第二艦隊:全戦闘

の4通りに限ります。

所感

正直かなり革命的な機能だと思いました。単純に画面をタップする回数が減りましたし感謝の周回イベントはかなり楽になったと思われます。

これまでは戦闘が終わるたびに画面を見る必要がありましたがこのアップデートによって敵中枢艦隊を撃破した時にだけ画面を見ればよくなったのでその間色んなことがやれます。私はアニメの消化が大変捗りました。

 

アズールレーン 兵装開発 走り書き

  • 目標
    • ワイヴァーンと五連装磁気魚雷
    • 虹設計図の入手
  • 虹装備以外の兵装開発装備
  • 仕様・所感・余談
  • 作成履歴

 

目標

  • 現在の兵装開発虹装備はワイヴァーンと533mm五連装磁気魚雷の二つ

ワイヴァーンと五連装磁気魚雷

五連磁気魚雷は正直四連磁気魚雷の方が使いやすいうえに入手方法が限られる虹設計図をワイヴァーンと食い合うため優先度低め

実質的に現時点での目標はワイヴァーン一択(虹開発装備は今後追加される可能性あり)

虹艦砲設計図と虹対空砲設計図は現時点で使い道なし?

f:id:kurowassan785:20210118173952p:image

虹設計図の入手

港での補給が主な入手方法、補給はボックスガチャ形式

月に3枚手に入るので補給の中身が大きく変わらなければ3ヶ月でワイヴァーンが完成する

続きを読む

【遊戯王ARC-V】ユーゴについて

遊戯王ARC-V放送終了から4年が経ち、当時よりも非難の声は収まったとはいえ依然として風当たりは厳しいものではあるが、ARC-Vもその全てが悪いわけではない。今回はその中でも再評価点としてユーゴをピックアップしていこうと思う

何故ユーゴなのか

遊矢と同じ顔を持ち遊矢達とは別勢力で行動するキャラのため別の視点からARC-Vを語る際に適任のキャラだと思いました

また実力者で物語終盤まで脱落しなかったことも挙げられます

デュエルが面白い

遊戯王アニメにおいて重要な要素、エースであるクリアウィングの効果を最大限に活かした普段のアホの子のユーゴとは予想もつかないテクニカルなデュエルを魅せてくれました

毎回違った方法で視聴者を楽しませてくれました

エピソードが面白い

ARC-V54話、シンクロ次元の世界観の説明から入る回です。ユーゴ自体主人公気質なのでユーゴと柚子がまるで新番組の主人公とヒロインかのようにも見れます。

デュエルはないのですがこの回は当時のARC-Vのニコニコ動画での配信で再生回数全話中2位だった(1話位の1話は無期限無料公開なので実質1位)

当時のコメントにユーゴと柚子が主役の新番組が始まったかのような錯覚を感じるコメントがありました

余談

融合次元でのユーゴとリンの結末は納得いきませんね、あそこはリンと再戦して新たなクリアウィングの進化体を出すのが王道というものなのに。

クリアウィングもアークペンデュラムやアークリベリオンみたいな新規欲しいのでみんなで声を上げましょう!

ユーゴとリンの絡みをもっと見たいので、この記事を見てる人ファンアートもっと描いてpixivに投稿して!または絵師さんに依頼してね!

総評

ARC-Vは作品自体は良くなくともユーゴのように評価できる点があり全てがダメな作品ではないことを留意して欲しい